手数エス

てst

太陽光発電て?

太陽光発電は、太陽電池モジュールで太陽の光エネルギーから直接電気(直流電力)をつくります。
直流電流のままでは家庭で使用できないため、パワーコンディショナによって家庭で使える交流電力に変換し、
家庭内の電化製品などに使用します。

太陽光発電でつくった電力は電力会社に売ることができます。
晴れた日など、発電量が家庭で使う電力量を上回る場合は、余った電気を電力会社に売り、
逆に日射しが弱い朝夕や曇りの日、日射しがゼロになる夜間などは、これまでと同様、
電力会社から電力を購入して使います。

発電はもちろん、直流電力から交流電力への変換、電気製品への分電、電力会社との売電・買電にいたるまで、
すべてが自動運転で行われるので手間要らず。
毎日暮らすことがそのままエコになる、「環境にやさしい」発電です。

システム概要図

1.太陽電池モジュール
太陽の光エネルギーを使って直流電力をつくります(発電します)。
↓
2.接続ユニット
太陽電池の直流電流ごとに配線を接続し、1本の線にまとめてパワーコンディショナに送ります。
↓
3.パワーコンディショナ
直流電力を家庭で使える交流電力へと変換します。
↓
4.カラーモニター
つくった電気の量や家庭で実際に使っている電力などを数字やグラフで確認できます。
↓
5.分電盤
パワーコンディショナで変換された交流電力は、分電盤を通じて各電気機器へ送られます。
↓
6.電力量計(メーター)
発電して余った電気は電力会社に売り、不足分は電力会社より購入します。